– 施 設 設 計 部 –

「私たちは構築工学を応用した高度な技術で、土木・建築業界を通じて社会に貢献しています」

弊社は昭和39年9月に開設以来、一般建築物の設計はもとより、特に複合構造物(土木構造物、建築構造物を一体化した構築物)の構造解析に研鑽を重ね、今日に及んでおります。
努力の結果、その構造設計技術は関係各界より高い評価を受け、当社社長は平成97月建築構造物に起因する建設工事紛争解決の労に対し、建設大臣表彰を受賞、又平成185月大阪地盤図編集の労により(社)地盤工学会名誉会員に推挙されております。

(株)藤原設計は建築と土木の技術を融合させた
複合構造物の設計を得意としています。

 藤原設計は建築物と土木構造物が複合した構造物の構造設計を得意としています。代表的なものとしては上下水道施設です。具体的には、水処理施設、浄水場、 下水処理場、配水池 、給水棟などです。 これらの施設の更新、耐震などの設計をしています。
下水道施設の多くは、地下に埋まっている部分と地上に出ている部分が一体となって存在しています。一般建築物でも地下部分はありますが、上下水道 施設はその規模が極めて大きく、 地上部分は建築、地下部分は土木のルール で設計をする必要があるため設計技術として特異性のある設計といえます。
下水道水処理施設、浄水場、下水処理場、配水池、給水棟など、最も手のか かる構造設計のひとつである複合構造物の構造設計や建築設計はもちろんの こと、 建築土木が合体した複合構造物の設計も実施設計(詳細設計)や耐 震診断、耐震補強設計、FEM構造解析を社内で全て対応可能であるところが大きな特徴です。